文字の大きさ

カテゴリー:PR

●印刷職 正社員…1名 印刷作業全般、梱包 勤務時間…15:45~22:00(印刷終了次第) 年齢…64歳以下(定年が65歳のため) 資格…要普通免許 給与…180,000円~200,000円 福利厚生…健康保険、交通費、各種手当など●営業職 正社員…1名 新聞広告、企画、営業 勤務時間…9:00~17:30 年齢…44歳以下(省令3号のイ) 資格…要普…

芸能・文化 記事一覧

 地元の混声合唱団「三河市民合唱クラブ」(中内茂樹団長)の「第5回演奏会」が4日、豊橋市の「ライフポートとよはしコンサートホール」で開かれた。東愛知新聞社など後援。クラブ最後の演奏会で、満場の聴衆が歌声に耳を傾けた。 豊橋技術科学大学学長だった榊佳之氏を中心に、三河市民オペラ「カルメン」出演者らで…

三河市民合唱クラブが最後の演奏会

 豊橋市内の小中学生と、友好都市の中国南通市の子どもたちの書作品を展示する「第31回日中友好児童生徒書初展」が3日、豊橋市松葉町の「こども未来館ここにこ」で始まった。豊橋地区日中友好協会主催、東愛知新聞社など後援。4日まで。 両市が提携した1987年から続く。今回は豊小、向山小、前芝小、羽田中の4校…

豊橋で「日中友好児童生徒書初展」

 田原凧(たこ)保存会による田原市立田原中部小学校と衣笠小学校の凧クラブ対決が30日、田原中学校体育館であった。 2校の4~6年生計30人と顧問の教員が参加。児童はこれまでの活動で自分で作った凧を手に、日頃の練習の成果を発揮した。 無風の屋内で凧の滞空時間を競う「カイトダンス」で競った。保存会が考案し…

田原凧保存会考案「カイトダンス」で中部小と衣笠小のクラブが対決

平井町は今年から内容見直し 豊川市指定無形民俗文化財で、4月の第2土日曜に小坂井町の菟足神社で開かれる「風祭り」。参加する地域の一つ平井町は、子どもの参加者を増やそうと今年から内容を見直す。 祭りは平井町をはじめ、小坂井町、宿町が参加する。打ち上げ、仕掛け、手筒の各花火が出るほか、山車が登場する。…

豊川・菟足神社の風祭り 子どもの参加者増へ

 PR

PR