2018年01月19日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  12℃   最低  4℃  /  日の出  06:56   日の入  17:06
文字の大きさ
共越
2018年01月19日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  12℃   最低  4℃  /  日の出  06:56   日の入  17:06

カテゴリー:PR

【制作局】●整理部●仕事内容は、新聞紙面の作成です。毎日の通常紙面作り。クリエイティブな特集面。カットや挿絵、写真加工など紙面作成物全般です。①募集人員=正社員…若干名②勤務時間=午後1時~午後8時30分※当日の紙面構成や記事状況により終業時間が変わります。③募集年齢=20歳~35歳位まで④資格=要普通免…

正社員・アルバイト急募

芸能・文化 記事一覧

 戦国時代の設楽原の戦いで使われたとされる鉄砲玉にスポットを当てた企画展が、新城市設楽原歴史資料館で開かれている。同館では周辺で鉄砲玉を見つけた人の名を登録しており、その周知のために企画した。2月24日まで。 現在開催中の「鉄砲隊の鉄砲展」後期展として企画。鉄砲は演武だけではなく玉も込められて発砲さ…

新城市設楽原歴史資料館で鉄砲玉展

「十彩会」最後の展示会

豊橋美博で高畑さんら日本画作品 豊橋市小池町の日本画家・高畑郁子さんが主宰する地元日本画会「十彩(といろ)会」による最後の作品発表会「第42回十彩展~さよなら十彩展」が、同市美術博物館第1展示室で開かれている。21日まで。 日本画の裾野を広げようとの思いで多様な活動を行ってきた高畑さん。力を入れて指導…

「十彩会」最後の展示会

書や篆刻の世界を解説

東愛知新春書展でギャラリートーク 第18回東愛知新春書展のギャラリートークが13日、豊橋市美術博物館で開かれ、篆刻家の林田虎峰さんが、篆刻の作品づくりで大切にしていることなどを解説した。 書の世界をより深く知ってもらおうと開いたもので約50人が来場。林田さんは、「筆で書いたような雰囲気を出せるよう…

書や篆刻の世界を解説

東愛知新春書展が開幕

豊橋美博で過去最大規模 第18回東愛知新春書展(同書展運営委員会主催、豊橋市教育委員会・東愛知新聞社共催)が9日、豊橋市美術博物館で始まった。東三河を代表する書道家92人の作品が一堂に集い、書の魅力を思う存分に味わえる。 会派、流派の垣根を超えた書道展で、漢字、かな、近代詩、篆刻など、幅広いジャン…

東愛知新春書展が開幕

 PR

PR